月々1,000円からの手頃な掛金で、
加入条件がゆるやかな
コースもあるから始めやすい

「共済って保険と何が違うの?」と思う方も多くいらっしゃるでしょう。掛金(保険料)を払っていて、何かあった時に一定額の共済金(保険金)を受け取るしくみは、どちらも共通しています。

共済は「共に救済しあう」と書くように互いに助け合って事をなすことを意味します。コープながので扱っている共済は、組合員の意見や要望から生まれた保障商品です。

月々1,000円からの手頃な掛金で、加入条件がゆるやかなコースもあり、ご加入いただきやすいことが、大きな特徴。家計に負担をかけずに入れるあんしん保障が揃っています。※ご加入の際には告知事項に回答していただく必要があります。

また、お預かりした掛金からお支払いした共済金と事業経費等を差し引いた時に剰余金が発生した場合、割戻金としてご契約されている組合員に還元しています。※割戻金は年度によって異なり、0円になる場合があります。お支払いを約束するものではありません。

家計に負担をかけずに入れる
あんしん保障が揃っているのだ。

0歳から満85歳まで
幅広い年齢を保障

保障は思わぬ事故や病気で働けなくなったときに、生活や家族を金銭的に支えるために加入するもの、と思われがち。

ですが、元気に遊びまわってうっかりケガをする子どもの医療費や、体調を崩しがちになる65歳以上の方の医療費と、働き盛りの方以外でも保障が必要となる機会は多いのです。

コープながので扱っている共済には、小さなお子さんから65歳以上の方まで、持病があって通院中や服薬中の方も加入できる保障があります。※ご加入の際には告知事項に回答していただく必要があります。

また、より負担なく共済金を請求していただけるよう、一定の条件を満たす場合は診断書の代わりに、医療機関で精算時に発行される領収書等でも、共済事由発生から3年以内は請求ができます。※2019年5月現在の基準です。

自分・家族に合った
保障がきっと見つかるのだ。

今の生活に合わないかな?
と思ったら、
いつでも見直し相談

結婚したり家族が増えたり、ライフスタイルの変化に伴って必要な保障も変わります。

今加入している保険・保障のままでよいのか、見直したいけれどなかなか自分では判断できないもの。そんなときに、普段ご利用しているコープながののお店で気軽に見直し相談ができます。

保障内容の魅力はもちろんですが、最も大きな特長は「人」にあります。

コープながののライフプランニング活動の目的は保障商品を販売する事ではなく、組合員の皆さんが「自分の保障を考える力」を身につけていただくためのサポートをすることです。さまざまな機会を設けて、ご相談をお受けしております。

「自分の掛金が誰かのために役立つならと思って続けていたが、気がつけば自分がお世話になっていた」そんな魅力を、もっともっと知っていただけたらと思います。

いつでもお店で
待っているのだ。

組合員さんから届いた“ありがとう”

月掛金1000円だし「かわいい子どものお守りがわりに」という言葉が決め手で加入しました。
いざ加入すると、翌週になんとさっそく初めてのケガ!大事には至らず安心したと同時に、いつ何時何があるか分からないのが子どもなんだなと痛感し、加入していて良かったと本当に思いました。

妊娠が分かって、もし何かあったら…と不安になりお守りがわりに加入したところ、まさかの切迫早産で入院!
妊娠後に加入したにもかかわらず、保障してもらって本当に助かりました。

年金暮らしになって、掛金の高い保障は続けられなくなりました。医療費の必要度は高まるばかりで困っていたところでした。
コープの共済があって助かりました。ありがとうございます。

夫の手術後、共済金請求のため書類をいただいたものの日々に追われそのまま放置。すっかり忘れていた頃に「請求はお済みですか?」と連絡が。もし連絡をいただかなければ、いまだ請求はしていないはず。
ご連絡ありがとうございました。

組合員さんからいただいた声を紹介しています。お支払内容や共済金請求書についてはご契約内容・ご請求内容によって異なります。

CO・OP共済への加入はこちら

まだコープながのの組合員でない方も、CO・OP共済の加入お申し込みと同時に、生協の加入手続きができます。

WEBで加入お申し込み 加入までの流れ 資料請求